なかよくけんか

漫画と漫画じゃない

かけがえのない俺

「話の通じる相手じゃないんだから、オレ」


なんとなく観ていたテレビ番組で、あるコンビ芸人が漫才をはじめた。それとなく観ていたら、ボケ担当の男の人がいきなり上記の発言をひょうひょうとかまし、私は面食らった。


すばやく相方の女の人が「自分で言うなよ!」的なツッコミをキメて無事に笑いをもぎ取り、さっさと次の展開に移行したのだが、いや待って、いま、なんか、引っかかった。あのボケの男は「話の通じる相手じゃないんだから」を自称したのか?まって、置き去りにしないで。













その後、ハッとした私はいても立っても居られなくなり、覚えたてホヤホヤの「メイプル超合金」というコンビ名でyoutubeに検索をかけ、彼らの漫才をいくつか見てみた。


どうやら、全身真っ赤な衣装(という名の私服)を身にまとったボケの男性と、彼に「俺の最寄りのバケモノ」「平均体重底上げ担当大臣」と揶揄されるツッコミ担当の巨漢な女性の2人組で、なんとなく南海キャンディーズを彷彿とさせるコンビだった。わたしはお笑いに疎くてしらなかったのだけど、M-1グランプリTHE MANZAIにも出場したいま人気急上昇中のふたりらしい。




検索でヒットした動画をみていて、わたしは再び度肝を抜かれた。
ツッコミの女性がボケの男性をはたいて一言二言いったあと、ボケの男性はこう言い返したのだ。「叩くんじゃねえ、かけがえのない俺だぞ!」と。




















もちろん、「お前が言うな!こっちが決めるんだろうがそれは」とツッコミに去なされてしまうのだが、いや、まてよ、「かけがえのない俺」、そうたしかにその言い方は不自然だ。「かけがえのない」という表現は自分ではなく他人に対して使うのがふつうだ。とても代替することなんてできない、大切なひとに対してつかわれる言葉で、それを自称するなんておかしい。





あれ、でも。
じゃあもし私のことを「かけがえのない」と感じるひとがこの世界にひとりもいなくなったら、自動的にわたしは「かけがえのない」人間ではなくなってしまうのだろうか。替えのきく、いてもいなくても変わらない存在になるのだろうか。



果たしてそうだろうか。世界中のだれもが私のことを「かけがえのない」存在だと思わなかったとしても、わたしが、わたし自身のことを「かけがえのない」存在だと思ってさえいれば、少なくともわたしはわたしにとっては確かに「かけがえのない」存在であるといえるのではないか。


そうかんがえると、「叩くんじゃねえ、かけがえのない俺だぞ!」という表現は、不自然ではあるものの、なまじ破綻しきった論理とは言えないのではないか。彼は何者なんだ。コントをしているようでいて哲学をしているのか?







しかも彼は別の箇所で、「そんなんだからお前他の芸人にも嫌われてんだよ!」とつっこまれたときに、「へーえ 屁でもねえ 不思議と穏やかな気持ちです」とクールに返答している。
この人、他人の評価なんててんで気にならないのか。ひとにどれだけ嫌われようとそんなの涼しい顔で、自分のことを「かけがえのない俺」と言ってのけるのか。すごい。その自信どこから湧いてきた。

あくまで漫才の上でのキャラに過ぎないのかもしれないけど、わたしは無性にこの男性のことが気になってしまい、すこし調べてみた。どうやら彼はバイセクシャルらしく「男女問わずうつくしい人が好き」と公言してるらしい。言われてみればなんとなくそんな雰囲気がある。ていうか、バイセクシャルのひと、波風立ちがちというか、苦労の多い一生を送っていそうだ。理解のない人達から偏見を持たれることも多いだろうし、煙たがられたり、無闇に嫌われてしまうこともあっただろう。そんなことをいちいち気にしてくじけていたら生きていけない、自分の真価を決めるのは自分だ、そういう気持ちをもって生きてきたから他人の批判を「屁でもない」むしろ「不思議と穏やかな気持ちです」と容易く受け入れてしまう境地に達したのだろうか???わたしは何気なくボケを繰り出す彼から、その背後にある彼の人生を勝手に想像して、youtubeを前にひとり悶々としていた。








ああそういえば、冒頭の「話の通じる相手じゃないんだから、オレ」というボケ。あれが引っかかったのも、「話の通じる相手じゃない」という表現はふつう自分ではなく他人に対してつかうものだからだ。なにを言っても説明がスムーズに通じない、天然で馬鹿っぽくて物分りがわるいひとに対して使われるような言葉だ。それを自分にたいしてつかうとは。ていうか、自分のことを「話の通じる相手じゃない」って、なにその極端なまでの自覚。そこまで自覚できてるならもはや、話の通じる側の人間そう。また、彼は言う。「ガキの頃みた 町の変わり者に まさか自分がなるとはなあ」






「ガキの頃みた町の変わり者と同じ」「話の通じる相手じゃない」と自分を冷静に分析して立場を自覚し、さぞ「自分なんか」と卑下しているのかと思いきや、他人の批判を「屁でもねえ 不思議と穏やかな気持ちです」と華麗にいなし、あげく「かけがえのない俺」とまで言ってのける。すごい、なにをもってしてそこまでの自信を持てた。やっぱり自分のことを鼓舞して奮い立たせてくれるのは、究極、他人ではなく、自分しかいないんだということを私達に示唆しているのか??そうしてコントを通して生きることへのメッセージを教えてくれているのか?彼は何者なの。ただのボケじゃなさそうなことだけはわかる。
















とにかく「メイプル超合金」、そしてあの男の人が、気になってしょうがない。
またテレビで観たい。


広告を非表示にする